着物レンタルは選ぶ楽しみがあってオススメ

着物レンタルはどこでされましたか?

近所の美容院

実際に着物をレンタルしてみてよかった事は?

カタログから、たくさんある柄から好きなものを選ぶことができ、購入したり実際に見に行くめんどくささが全くなかった。

自分で買うとなると高額となり、なかなか手が出るものではないので家計も助かる。ものによっての値段もわかりやすく、自分の予算内で、思い描く好みのものをいくつか消去法で選ぶことができた。

友人と一緒に楽しく選べたので、お互いの好みや似合うに合わないなどの会話が弾み、とてもワクワク出来た。

着物を着る機会は人生でそんなにあることではないので、せっかくの機会を良い時間にできるように指定の美容院の人も話に乗ってくれたので助かった。

着付けやメイク、髪型なども借りた着物に合わせて美容院で全てやってくれたので、出来上がりもとても素敵なものになった。

雨が少し降っていた日だったが、レンタルなのでその後の保管を心配することなく、返却するだけで良いところが着物レンタルのメリットではないかと思う。自分のではこうはいかないので。

着物レンタルのデメリットは?

美容院でカタログから選ぶ方法でレンタルをしたので、実際に自分に本当に合うのか、違うほうがいいのかの比較がしにくかった。

一緒に借りた友人も同様で、いいなと思うものは少しお値段が高かったり、先に借りてしまった人がいたりとシステムが難しかった。

美容院で借りて、着付けやメイク、ヘアアレンジもしてくれるプランだったが、当日に何を持っていけばいいかのお知らせがなく、着物を着るにあたっての道具類が揃ってなかった時はかなり焦った。

たまたま美容院で予備を用意してくれていたので助かったが、普段見慣れないものを着るときはちゃんと教えてもらえるところに相談すべきだと痛感した。

当日、会場にて、似たような着物や同じ柄を着ている人もちらほらいて、レンタルだからしょうがないのだが、かぶらないように気をつける配慮を自分でしなければならないのだと思った。

着物の小物で困った記載をしたが、バックや草履なども着物に合わせたものを早めに借りないと間に合わなくなるので、注意が必要だと思った。

もし次着物レンタルをするときに注意したいことは?

着物の柄があまりかぶらないように着ていく先でのメンバーの好みを考えておく。紐などの着物用の小物で必要なものが一緒に借りられるか、自分で用意せねばならないのかを聞いておく。

もちろん、バックや草履などの小物も着物に合わせて早めにチョイスして借りられるように手配すること。着ていく当日雨だった場合の着物の対処の仕方を聞いておくこと。

草履用のビニールカバーや着物が濡れてしまった際の注意事項など。

こういう感じにしたいというイメージを、着物の柄だけではなく、帯屋帯締めなども考え、自分なりのスタイルに合わせたものを選べるように雑誌などでチェックするとまた着た時に楽しさが違うと思った。

合わせて、たくさんの品揃えがあるところにレンタルを頼むようにした方が良いと感じた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です