【古本】駿河屋での買取価格は?リアルな口コミを徹底調査!

駿河屋で古本を買い取ってもらったという方の口コミを集めてみました!

対応や査定額など含めて総合的にどう感じている方が多いのか、見てみましょう。

 

口コミ1.待ち時間が少なく査定してもらえる

駿河屋のよかったところは?

あまり待ち時間なく、また待っている間も店内の本などを自由にみて回ることができるので、そんなに待ってる感じがせず気楽に待っていることができるところが気に入っています

また、1冊からでも買取に応じてくれるので、ちょっといらないやこの本、となったときでもすぐに売りに行くことができるところを良い点だと思います。

店内には、本だけでなく色々な雑貨なども置いてあるので、待っている間の暇つぶしとなるものが多くあるため、いくらでも待っていられるような気がしています。

また、CD-Rつきの本で、CD-Rだけなくしてしまった本だとしても、買取額は下がってしまいますが、その本だけでも買い取ってもらえうことができるので助かっています。

本屋さんなどではCD-Rがついていないと買取ではなく、無料で引き取りになってしまうことが多いように思います

また、お店が遅くまでやっているので会社帰りでも売りに行けるのがいいです。

 

駿河屋の悪かったところは?

私が、毎回買い取りをしてもらいに行った時におもうのが、とにかく買い取り金額がとても安いことが残念に思うポイントです。

また、どんなに価値があるとされている本だったとしても、多分、買取のマニュアルのようなものでジャンルごとなどに金額が決まってしまっているのか、驚くようなやすさの買取金額を提示されることもあるのが残念です

そのため、日本では売っていないような本だったり、結構古い価値のあるとされている本だったり、自分の中でこれは高く売れそうだな、という本たちはちゃんとした古本屋さんに持っていくようにはしています。

過去、何度か30冊くらいまとめて色んなジャンルの本を売りに行ったことがありますが、やっぱりその時も、これだけ売ってこの金額!?(80円くらいだったり150円くらいだったり)だった思うことが多くありました。

なので、確実にちゃんと本の査定をしてもらえるところに持ってった方が特だよなあとは感じています。

 

駿河屋のサービスや査定額は?

私が思ったのは、とにかく買取査定額が安い!ことです。

何度か、本を査定してもらったことはありますが、やっぱり毎回毎回買取査定額が安く、売るか迷ってしまうレベルのことが多かったように思います。

ただ、またその本を持って帰るのもめんどくさいこともあって、その場で買い取ってもらってはいましたが。。

でも、やっぱりせっかく売りに来たのだからせめてもう少しは買取査定額が高くてもいいんじゃないかなと思ってしまいます。

洋書や雑誌、文庫本でいくらでって決まっているのか、他店では価値があるとされていたりする本だったり、なかなか良いとされている本を買取査定に出したとしても、思うような買取査定額には届かないとこがほぼなのが、毎回残念に思っています。

自分が持っていく本の査定額が、毎回安いことがほとんどであるため、どのような本を持っていけば、高値の査定額となるのかいつも疑問に思ってしまいます。

ただ、小額とはいえどすぐに現金化できるという意味では助かっています

私が、今まで何度か色々な店舗で本を持ち込んで売っていましたが、スタッフさんのたいどなどでは嫌な思いをしたことは一度もありません。

毎回、スタッフの方達がテキパキと対応してくださるので、イラッとしたりすることもせず、あんしんして利用させてもらっています。ただ、やっぱりせっかく本を売りに来たので、もうちょっとでも買取査定額が高くなれば、自分も足を運ぶことの増えるのではないかなぁと思っています。

ちょっとしたいらない本だったりすると、たいした金額にならないからと捨ててしまうことがほとんどなので、査定額が平均して今よりも上がれば、捨てられてしまう本も、今よりももっと減るのかなと思っています。

 

口コミ2.スムーズだけど安すぎる…

駿河屋のよかったところは?

基本的に何でも買い取ってくれるので、そこが一番良かったメリットかなと思います

あとは、直接での買取をしてもらう方が安心できて買取できますし、ネットサービスもあるとは聞きますがそれは利用しない方が最初のうちは良いとは思いました。

あとは、店員さんの中にも良い店員さんに当たった時は対応も親切で人間味をより感じることができます。

最近はAIの普及や、自動的に読み取るなんてことも多いので店舗で直接の買取はこれからも継続していって欲しい良い点だと思います。

他には、マンガの買い取りでは高いケースが多いことです。

例えばワンピースの単行本の買い取りでは、一冊で250円を超えたりする場合もあるので、その時はすごく嬉しい気持ちになりますし、メルカリ等を利用せず買い取りを利用して良かったなと感じることがありました。

あとは、最近は手続きする際にはタッチパネルを利用しているので、最新鋭かつスムーズに取り引きが行われることにも感動しました。

 

駿河屋の悪かったところは?

そこまで思い浮かばないというのが現状ですが、強いて言えばその店舗や店員さんで買い取りの金額や買い取りの品物が左右されてしまう場合があるのではないのかな、と疑問に思うことです。

私がこの前直接店舗に売りにいった時でも、「この商品は買い取ることができません。

他の店舗であれば、買い取れると思いますので、そちらに向かわれてみて下さい。」と言われ、かなり距離もある他の店舗を当たり前かのように勧められたのは正直疑問に感じましたし、面倒くさいから買い取らないのかなとこちらが推測をしてしまうくらい感じるケースもあったので、それは悪いと思った点かなと思います。

あとは、単純に古本やマンガ、CDでも買い取り価格が安すぎる場合が多く、これなら自分でフリーマーケットサイトやアプリを使って売った方がいい、と何度も思いました。

なので、その点から考慮しても今は買うなら直接店舗へと向かいますが、なかなか買い取るだけで利用される方は少ないのではないのかなと思いました。

 

駿河屋のサービスや査定額は?

買い取り査定は、非常に厳しいものが多いのだなと思いました。

買い取り査定で、高い商品と言えばブランド物の洋服や、今流行っているポケモンなどのゲーム類やレアなホビーや、最新作のDVDやCDしかなかなか売れていないのではないのかなと思いました。

そうした所からも、ネットショッピングへ流れていきますし、買い取り査定は厳しいとイメージがついてしまうと思うので、なかなかネットショッピングに対抗できないのではないのかなと思います。

なので、今後は自分でどういったときにどういった商品を出せばいいのかしっかりと吟味して、出していく必要があると感じました。

あとは、周りの友達や家族でも利用する時は、本当に大量に物が溢れかえっていたりした場合に限られるそうなので、なかなか周りでも浸透していないですし、買い取りアップキャンペーンもなかなかしないイメージなので、利用はしずらいのかなとも感じました。

やはり買い取りの宅配システムや店舗での買い取りで最新式のシステムを導入したりしているのはいいことだとは思いました。

しかし、査定額に関してはなかなか不満があります。

古本やCDや、その他マンガなどでも非常に買い取る価格が安すぎて、そんなに古本や雑誌とかは価値が無かったのかなといつもガッカリしていました

でもそれが、インターネットオークションやフリーマーケットを利用すると、提示された価格よりも明らかに高い場合が多く、やはりこちらの方が良かったといつも思うので、もう直接企業を通して、モノを売り買いするシステム自体が古くなってきているのかなとは思います。

それでもまだ根強い需要があるとは思うので、そこは、あってもいいと思います。

 

口コミ3.持って行くだけで現金になっていい

駿河屋のよかったところは?

特にきれいにしたり気を使うことなく、そのままの状態で整理して、持っていくだけで、すぐに現金に換えられるので、簡便で便利です

普段の不用品、読まなくなった本など捨てようと考えている中で、換金できるという選択肢ができているのはうれしいです。

子供と一緒に買取を経験することで、子供もそのような選択肢があることを知って、すぐに捨ててしまうという考えだけではなくなっていると思いますので、教育とまではいきませんが、いい経験になっているかと考えてます。

ゲームのカードなどもあり子供も興味を持ったようなので、次回は子供のカードも少し用意して買取をさせたいと考えてます。

さらに、今回は本の買取をしましたが、洋服、電気機械など、家にあるさまざまな買取をしているのでまた利用してみたいと思います。

買い取ってもらった後は、その店でまた買い物ができることも一つの楽しみかなと思います

特に本などは読み終わったのちに買い取っていただき、また違う本を購入できるのは非常にお得感がありうれしいです。

 

駿河屋の悪かったところは?

それほど悪く感じることはありませんが、値段のつかない本があったときに、少し理由などあれば納得度が上がるかなと思います。

また、買取の相場などは素人には分かりませんので、買い取り実績などすべてではないですが、代表的なものなど記載して張り出していただくと、納得度が高くなるのでは、、と感じました。

買い取りの際に免許証などを提示しますが、一応個人情報なので、もう少し丁寧に扱ってほしいかと感じました。

私は、買取自体にはそれほど悪くは思いませんが、1階が買取スペースで、結構オープンな感じもスペースなので、少し奥まった場所のように、プライベートが見えないようにしてもいいかと思います。

仕切りを立てたりして顔が見えないようにしてほしい方も中にはいるのかなと思います。

特に近所の方などがいたりすると少し恥ずかしいような気がします

また、お店のテーマ音楽が流れてますが、音が大きいように思います。元気があっていいかとも思いますが、違うバージョンがあってもいいかと思います。

 

駿河屋のサービスや査定額は?

不要な本を買い取ってもらえて、部屋はきれいになるし、違う本をかた買うこともできるのでとくに不満はございません。

査定の相場がわかりませんので、その信ぴょう性がなんらかしらの方法でわかると安心すると思います

また、買い取った本はどこで販売するのか、個人的に気になりました。

その店で販売するのか?どこか一か所で集めてきれいにして再度各お店に配られるのか?その仕組みがわかると透明度も増すのかと思いました。

また、結構多くの方が買取にきているんだと驚きました。

手に一杯持ってきているかたなどたくさんいて、買取も大変だなと感じました。

その中で査定をして値段を決めているので、余計に大丈夫かな。。正確なのかな。。と感じてしまうこともあります。

特にゲームのカードなどは専門の知識などがないと難しいとも思いますので、研修でもされているんですか?個人の能力に頼っているのか?少し気になりました。

また、機会があれば店員さんにでも聞いてみようと思います。

査定額は、何が妥当なのかは素人にはよくわかりませんので、少し説明するなりしていただけると安心します

ほかの店のほうが高く買い取ってくれるんじゃないか。。とか余計なことを考えなくてもいいと思います。

服なんてさらによくわかりません。

まあ、捨ててしまっていたものですので、文句も言えないかとも思いますが、リサイクルを目的に持ってくるお客さんには査定額は大切になってくるかと思いますので。。そんなところかと思います。

サービスは、買い取りリサイクルだけではなく、移動図書館のように、一定の本のセットや、漫画などをパックにして、へき地の学校や、海外などに貸し出すようなこともおもしろいのかなと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です